ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
18018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1034位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第140話 『プロに聞くのが1番』
ウレタン塗装も
残すは
あと一回分…
失敗は許されない

師走に入り
仕事も立て込んでくる

そんなこんなで
最後の塗装に
取りかかったのは
1ヶ月後なってしまった

今週末には
最後の塗装に取りかかれる
いよいよ
大詰めだ

ウレタン塗料の
缶を用意して
っと

んん?



硬化剤の缶から

たぽたぽ

いつもの音が聞こえない…




まさか…



ふたを開けてみると
硬化剤の液が
なくなっている…


なぜだ??
なぜゆえにだぁ~


早速
メーカーへ電話した

「すみません
ハイロックウレタンの
硬化剤がなくなってしまったんですが…」


ことの次第をメーカーに
訪ねてみた


「あぁ
それはたぶん蒸発して
しまったんですね」

蒸発って
ちゃんと蓋していたのに…

でも蒸発するらしい

しょうがない
僕が悪い…


いやいや
まてまて
ここで終わってしまっては
鏡面仕上げどころではない


「どこかに売ってるところが
ありませんか?」



「申し訳ないんですが
この材料はちょっと
特殊で
一般のお店では
取り扱っていないんですよ」



「少しでも分けてもらうわけに
いかないものでしょうか?」


「はいっ
よろこんで」


えっ
そんなに簡単でいいの?


「量り売りでよければ
お分けしますよ」

「あ、、、
は、はい
お願いします」



とりあえず
鏡面仕上げへの道は
繋がった


「では、代引きでも
よいですか?」


「はいっ
よろこんで」


あんたは
庄屋か?

そうだ
それと前回の
宿題
鏡面仕上げについて
聞いてみよう


「あのぉ~
も一つ聞いていいですか?」

「はいっ
よろこんで」

「…」



「#1500の
耐水ペーパーで磨いても
細かな傷が
残ってしまうんです
どうやったら鏡面仕上げ
になりますかねぇ~」


「あぁ~
きれいにあげるのは
ヤスリだけじゃだめですね
きれいにヤスリ掛けして
最後に薄く1塗りしないと
お客さんの考えていらっしゃる
仕上がりにはなりませんよ」


なんだ
やっぱり
磨いても
磨いても
きれいにならない
すんぽーなわけだ


「本来はエアースプレー
が一番均一に塗装できるのですが…」


「できれば
予算的にも
刷毛塗りでやりたいと思って
まして…」


「そうですね
ガンも
そんなに持たないですからね
でも刷毛塗りでは
気泡ができやすいんですよ」


へぇ~
単なる庄屋じゃなかったんだ


「まず、
先に主剤と硬化剤を混ぜて
そのまましばらく放置して
微量な空気を抜いてから
使ったら良いですよ」


ほぉ~
すごいぞ
庄屋


「どのくらい
放置しておけばよいんです?」

「そうですね…
半日位ですかね」

「えぇ~
半日もほったらかしたら
硬化しちゃうんじゃないですか?」


「いえいえ
ウレタンは多量にあれば
そう簡単に固まりませんよ
ま、前日あたりに作っておいて
一晩寝かせればいいと思いますよ
とりあえず、明日
硬化剤を送っておきますから
お試しください」


「ありがとうございます
では、よろしくお願いします」


「はいっ
よろこんで」


わかったって…


そして
翌々日
まんまと
最後のウレタンが届いた


今まで
エポキシやウレタンの
塊を何度もみてきた

やっぱり固まるんじゃないか?

一抹の不安はあったものの
庄屋がそう言ってるんだから
信じてやってみるか

と金曜日の晩に
混ぜてみた

翌朝…

うぉ~

ちゃんと固まらずに
無色透明な
とろとろの
ウレタンになってるじゃないっすか


やるな庄屋
やっぱり
プロに聞くのが一番


さて、最後の塗装と
参りましょうか



つづく…


スポンサーサイト

テーマ:海がこの上なく大好き - ジャンル:日記


ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。