ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
17183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
994位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第188話 『思った以上』
人が
思いつくことなんて
たかが知れているもので…


思った以上に
情報ってのは
そこいら中に落ちているもので

「もっと和船を
知りたいな」

なんて考えていると
勝手に情報が集まってくる…


つーさんから聞いた
「松木先生が作った木造船」
というのも
菱垣廻船
という和船らしい


その和船が
「なにわの海の時空館」
に展示されているというのだ

そんな感じで
いたるところに
和船というキーワードに
どしどし
引っかかってくる


うぅ~ん
なんか和船に取り付かれてる??

なぁ~んて
悪くないねぇ~


「にしてもだ
かの松木先生つくった和船か…
見てみたいなぁ~」


そんなことを
考えながら
せっせこ
本職の営業に
勤しむ
僕でした




チャンスというものも
思った以上に
落ちているものらしく


とうとう
その時がやってきた



大阪と京都の商談が入った
しかも
間に
2時間も余分な時間がある



つぅ~ことで

きちゃいました

20100729113426.jpg


「なにわの海の時空館」

20100729113441.jpg


入ってみるなり

「おぉ~
さすが大阪」



『あこがれ』
の模型がお出迎え

20100729113913.jpg



まずは
入館用のコインを購入

20100729114000.jpg


うぅ~ん
すでに『和』
のにおいがぷんぷんじゃん
このまま持って帰りたい…

名残惜しくも
コインを投入して
いざ館内へ

入り口から
すぐに
地下へ降りると
薄暗いトンネル
まさに
時空を超えて
タイムスリップしてるみたい

20100729114126.jpg



ようやく
端についた
このちょっと
長めのエスカレーターの
向こうには
何が待ち受けてるんだろう

期待に
胸を膨らませて
エスカレーターを上っていく

暗い海の底から
這い出てきたように
上から光が差し込んできた

ふと
上を見上げると…


「ま
まさか…」


大きな木の塊が
上に浮いている…


「こ、これが…
『浪華丸』か??」

20100729114126.jpg


思った以上のでかさに
危なく
転げ落ちそうになった



つづく…

スポンサーサイト

テーマ:海がこの上なく大好き - ジャンル:日記


ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。