ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
17183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
994位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第233話 『キール』
まずは
キールの基点となる
3つができた

あとは
サンタマリアの図面と
ゴーイングメリー号のプラモデルから
拾った図面から

ここ、重要じゃない?

的な点を
さらに
10数個
拾って点を打っときます

ようやく…

この点をたどれば
キールの曲線に
なるんだろうな
的な
点が出揃いました

って
出揃うまで…
割って
掛けて
足して
また掛けて…
丸二日…

さすがに
四則演算は
腹一杯…


兎にも角にも
キールを引く準備は
できた

って
キールを引く前に
今更ながら
キールとは?
なんて
おこがましくも
書いてみます

※基本的に優しく書いてますが
こりゃ間違っとる
だの
これははぶいちゃだめだろ
的なことがあったら
教えてください


~キール~

キールとは竜骨と呼ばれる
船の中でも
最も重要で
土台になる部分

全てはキールから始まる
のです


昔の帆船は
このキール(竜骨)を
土台に
フレーム(肋骨材、肋材(ろくざい))
をつけて
外板を貼って
船体を作っていきました

おそらく
この構造を考えた人は
人間の体から
ヒントを得たんでしょうね


すべての部材がのっていても
千変万化の波をらっても
陸に上がって
全体重がかかっても
ここだけは
へたっちゃいけない
重要で頑丈な部分

それこそが

キール

ってなわけです

昔も今も
船台(船を造る作業台)に
キール(または船の土台になる最初の部分)を
置いて
「無事、丈夫な船ができますように」
と願う
起工式という
行事があるくらい
キールは想像を遙かに越える
要注意部材です

と…
ながながと
書いちゃいましたが

簡単に言えば

キールは全ての始まり

ってなわけです

キールだけでも
あと4話位かけますが
(ウソ、3話位??)
とりあえず
今日はこんくらいで
止めときます


じゃ、
この微妙なカーブを作る
キールの点を
線にするとしますか

って
数学テストで二次曲線を
引くわけじゃなし
フリーハンドでは
許なすぎる…

ってなわけで
ここで登場するのが

船舶製図道具
その1

バテン

ってなわけです

つづく…

スポンサーサイト

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。