ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14503位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
863位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第254話 『現実』
※デリケートな話ですが
ちゃんとふれておきたいところなので
書いています


「津波がくるぞ
けいさんは揚場をひきつれて
上架中の盤木をたたいてきてくれ
しんは機械屋たちと軍団
引き連れて
係船していている船のロープをチェック
てつとでんさんはガス、電気関係をみて
たつはほかのみんなと
持ち場の工具をかためてきてくれ
みんな終わったら
ここに集合
10分後だっ」


さすが造船技師たち
一糸乱れず
指示とおりに散っていった

僕は
ここでみんなを待つことしかできなかった…


10分後
それぞれ
みんな持ち場から帰ってきて
状況を報告
事務所にも海上保安庁やら
なんやら
津波や地震の状況のFAXが届いていた

「東京湾にも
今のところ
15:10に50cmの津波がやってくる
情報を集めるから
各持ち場退避していてくれ」


集合場所から近くにある
食堂のテレビを
みんなで見ている

そうして
第1波が東北を襲った


津波の潮流で
舵が効かなくなった船が
陸へと流されては
町が海に飲まれ
家が沖へと流されていく…



これは
現実だ



言葉がでない…




東京湾でも
津波が2mになる
という情報も出てきた



工場長は集合をかけ

「これ以上は仕事にならない
しっかり足場を固定して
今日は解散とする」



解散後も
事務所側の人間は社長、工場長
と共に残り
テレビで情報を
みている



僕の会社の岸壁は
高さ5mあるらしく
2mでも大丈夫らしい



「でも…
工場長岸壁を越えるぐらいの
津波が着たら
今、あがっている船とかは
どうすればいいんですか?」



「どうにもこうにも
手はつけられないだろうな
自然には勝てない
海にされるがままだろう…」




どんなに
優秀で経験豊富な人間が集まっていても
大自然に打ち勝つなんてことは
できない

人間の非力さ
自然の強大さ
を目の当たりにして

ずしん
と重い
モヤっとした
物が
胃の中に落ちてきた感じがした


つづく…
スポンサーサイト

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。