ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
19358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1095位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第231話 『タイプシップ』
船形:小型キャラック船
  (キャラベルレドンダに近いちゃ~近い)
マスト:2本(メインマストとミズンマスト)
セール:2枚(スクエアセルとラティーンセール)

船の長さ:12m
船の幅:??
船の深さ:??

本当にスクエアセルとラティーンセールの
2枚で動くの?

風力重心は大丈夫?

てか
その前に
1枚のスクエアセルを動かせるの?


つっこみどころ
満載
だけど
それを試す
それができるかが
この船の目的
なんだから

気にしない
気にしない


とりあえずは
ここまで来た

あとは
「??」のところが
決まれば
基本スペックは
完成だ

いろいろ
資料を読んではみるものの
チンプンカンプンだわ
どれがいい資料なんだか

わからない

それでも
それなりに読んでいくと

とあるキーワードが引っかかった

「タイプシップ(モデルシップ、類形船)」

設計するにも
目標にする
ターゲット(船)
を見つけ出し

この船は
揺れにくいだとか
スピードがでるだとか

徹底的に解析する


とはいえ…

木造構造の帆船といえば
遙か昔の船…
設計図は
探しても
なかなか出てこない

ましてや
ゴーイングメリー号は
マンガの世界の船
実船とは
かなりの隔たりがある


結局

図面1作目の
「ゴーイングメリー号」の
図面

図面2作目の
「サンタマリア号」の
帆船模型の図面

それに
タイミング良く発売された
「ゴーイングメリー号」の
プラモデル

これを参考に

片っ端から
数値を出して
比率を拾っていきました

ようやく
船の幅:4m
深さ:2.8m

とでてきました


これで
スペックが出揃った

よし
次の工程
1/20の図面を
書き上げてみましょう



つづく…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ruleofseas.blog59.fc2.com/tb.php/289-fa5da71e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。