ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
25459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1360位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第235話 『トランサム』
キールのラインが
できたとはいえ
船尾のしまりが悪い…


ってなわけで
この船尾側の端から
上にぐぃん
と立ち上がっていくライン

トランサムのライン

を書いちゃいましょ


~トランサム~

船はたいがい
上から見ると
頭(船首)はとがって
お尻(船尾)は
ぺったんこ
になっています

といっても
それは外見だけの問題で
水中は船尾側もとがってる
場合が多いんですが…


このぺったんこの
お尻の平面のことを

トランサム

といいます

昔の帆船時代の人らは
このトランサムに
かなりこだわってたようで

「おれのけつでも
拝んでおけ」

といわんばかりの
金銀の彫刻を
施して
これ見よがしに
自己アピールしまくってた
ようです


ゴーイングメリー号も
キールまで届く
トランサム
を持つ船ですが

デザインは
至ってシンプル

ただ反り返った
板目調

この
反り帰りの比率を
プラモ図面から
拾って

バテンで

すぃ~

と書いておきます


これで
しめしめ水漏れなしだ
です


でも
このままじゃ
単なる桶

上から水が
入ったら
沈んじゃいます


ってなわけで
蓋をしちゃいましょ



船全体の基礎が
キールなら

船の
フロアとしての基礎は
上甲板

この上甲板を挟んで

外に曝される上の部分と
水が入らない下の部分
とに分けられ


さらに
男子部屋は下でしょ
女子部屋も下でしょ
倉庫は上でしょ
操縦室はさらに上でしょ

なんて
いろんな部屋が
決まってく
大事な船内部構造の基線
になるわけです

てことで
上甲板で
蓋をしちゃいます


でも
上甲板は水平な床
じゃなく
反り返ってるわけで



押さえ済の
シアーの起点の最低点
をもとに


サンタマリア図面を元に
船首側の反り
(最低点からの高さが図面で9mm)

船尾側の反り
(最低点からの高さが図面で18mm)
を計算して

バテンを使って
ゆったりとした曲線を描きます


これで
ようやく
一つの囲まれた

船体のシルエット

のできあがりです



つづく…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ruleofseas.blog59.fc2.com/tb.php/295-7ef3453c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。