ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
25459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1360位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第263話 『エポキシ接着剤~上級編~』
※先週はさぼっちゃいました
今週からいつも通りです

今回の船の模型は
模型っちゃ~
模型だけど
単なる模型にあらず


そうっ
後々は水に浮かばせたり
実際の工程に沿ってやったり

と…

言わば
実用的な模型なんです

ってことは
いくら可塑性を活かした
木材だからといって
水性の木工用ボンドでは
はがれてしまっては
耐久性に問題が出てきます

そこで使うのが
天睛丸のときにも使った
エポキシ系の接着剤
ってなわけです

~エポキシ系接着剤~

耐水性
防錆性に
優れた
まさに海に対して
もってこいの
強固な樹脂

木材との密着性
海水の対応力
を考えれば
俄然エボキシ系接着剤

天睛丸を作ったときより
知識は増えたかな?

ま、
そんなこんなで
使用した塗料は

ボンドの老舗
コニシの
ボンドEセット
を使います

まずは
主剤と


硬化剤を

1:1で混ぜて

って
使う量が1mg
以下なので
目分量だけど…

容器(紙コップの裏だけど)
に入れて

棒アイスの
棒で

クリーム色になるまで
混ぜます


そのエボキシ系接着剤を
1枚目の3mmの板と
2枚目の2mmの板の間に
薄く塗ります

あとは
輪ゴムやら
クリップやらを
使って

みっちり固定

あとは
1日ほど放置

すると
もともとの可塑している
木材の強度に加えて
エボキシ基の強度が
相まって
強固なキールができるわけです

それを
3枚目の2mm厚の板と
4枚目に3mm厚の板と

同様に
貼り付けて

積層キールの完成です

この時点で
うちの1歳の子供が
どんなに振り回そうとも
びくともしない
立派なキールが
できました




つづく…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ruleofseas.blog59.fc2.com/tb.php/327-8e4dba30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。