ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
25459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1360位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第276話 『啖呵』
職人の世界ってのは
やれ、怒鳴られた
やれ、どつかれた
やれ、血が吹き出た

時代は違えど

近いものはあるわけで


でも
僕にとっては


「あれは
僕に対する嫌がらせなはず」

だの

「やつは
僕の足を引っ張ろうとしてる」

だの…

そんな
疑心暗鬼な世界より


「おまえはばかか
おまえなんかくずだ」

と言われる方が
かえって
気持ちが楽な気がして
結構気に入った職場だった


そんなある日
の説教…
もとい
打合せの最中
怒声の弾丸が飛び交う中
「あのぉ~
営業さんちょっといいですか?」

かすかな声が聞こえた

「あ
船長どうしました」

と僕は満面の笑みで
席をたった

「言われた資料を
持ってきたんですけど…」


と船長が
切り出すやいなや


「おまえは
自分の身分をわかってんのか」

今は平成という時代で
わたくしゃ、平社員でございます

って
何時代のつもりだよ…

なんて考えて
横を見ると

「…」



ま、まずい
船長が固まってしまった


「あっ
船長
かまわないでください
いつものことなんで…」

「いぇ…
でも…」


僕が後で取りに行く
といっていた資料を
持ってきてくれたみたいだった

「おぉまえ゙わ~
お客なんてどうでもいい
俺が話をしてんだぞ
座ってきけっつってんだろっ」

っつっても
あんた…

ってか
朝、社長があんたに
「朝の打ち合わせ
お願いします」

の声をかける前に
打合せのテーブルに
着いてしまったのが
気にくわなかっただけでしょ

しかも
このネタで
かれこれ
6時間…

もう昼も
回ったつぅ~の


「いいんです
いいんです
証書関係ですね
わざわざありがとうございます」

さすが造船所の営業の鏡!!
立派に営業の
仕事をこなす俺


「だ
だいじょうぶですか?」

「ほんと
大丈夫です
ありがとうございます」

「なにが大丈夫だぁ~?
てめぇの頭がいかれてるから
客もこうなんだ…」


とりあえず
船長をなだめて
席についた

その後も
期待を裏切らない
打合せ…
もとい
説教
が続いた

さらに
とうとうと
2時間…

「だぁ~かぁ~らぁ~
おまえは…」


「もう
いいです
結構です」

僕は唐突に
話を遮った

「そんなに
自分がここにいることで
あなたにも
会社にも
迷惑かけているんなら
自分が出て行きますよ」

「なぁ~にいってんだ
おまえは」


「だから、辞めますよ
会社、辞めますよ」


いろいろ
啖呵を切ってきたけど

最後の切り札を
とうとう
投げてしまった…


つづく…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ruleofseas.blog59.fc2.com/tb.php/340-77ff8e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。