ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
19358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1095位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第279話 『種族』
理想的な小さな
造船所の職人か
都心に勤める
サラリーマンか…
僕は悩みに悩んだ


造船所では

汗水垂らし
涙を流し
血を流し

学歴も
権力も
見栄も
関係ない

腕だけが評価される…

職人の世界ほど
実力主義な世界はない

僕はそれほど甘くない
と思っていたけど
つくづく自分の小ささに
打ちのめされてきた

でも
次の目標
ってか
できるようになりたい技術
というものが

ノルマを達成する
ことよりも
はっきりしていて
そんな
わかりやすく
汗がお金に替わることが
実感できる
職人の世界が
たまらなく好きな
職種だった


オイルまみれの
作業着で都内に出ると

きったねぇなぁ~
近くによるんじゃねぇぞ

と見るからに
嫌そうな顔で
避けていく奴がいる

そういう奴に限って

スーツという戦闘服を着て
ネクタイという鎖を課され
手足は細くて
不自然に腹だけが出たような
種族で


クーラーの効いた事務所で
シャツに
ちょっとした汚れでも
つくようものなら
1日中気になって

この接待費をどうやって
落とそうかとか
残業代がでないだとか
休日出勤だだとか
誰にごまをすれば
出世するとか


どこの大学出ただの
誰がえらいだの
誰につくだの
給料が見合わないだの


言ってそうな
サラリーマン
だったりする

そんな人種にでくわすと

「ちっせぃ
ちっせぃ
あんたが裸一貫
で外にでて
どれだけ稼げるか
しってんのか
なんなら
紹介してやるぞ」

などと言いたくもなる


そんな奴らと
同種族になる気は
さらさらない

だから
決めたんだ

おれ、
都心に勤める
サラリーマンになろうと
決めたんだ


つづく…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ruleofseas.blog59.fc2.com/tb.php/343-d6bd1856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。