ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
17183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
994位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第289話 『ちゃっぷまん』
さらにヨットの設計では

浮力重心やら
船体重心やら
メタセンタやら
復元力やら…

さらには
舵とか船型とか
各論に至るまで
こと細かく書かれています

これを1個1個
説明すると
だいぶずれてしまうので
ここまでとして…

とりあえず
次にすべきことは
同型の船の分析だ

といっても
現在では
流体力学やら
構造力学を駆使して
造られた船ばかり

大帆船時代のような
キャラック船の図面が
ところ…

そこで
次に読んだ…
いやいや
見た?本が

『F.H.CHAPMAN
~THE FIRST NAVAL ARCHITECT AND HIS WORK~』

という船の図面集

チャップマンは人の名前です
1721年に生まれた
船の設計者

そう
まさに16世紀始まる
大帆船時代は
18世紀には最盛期を迎えるんだけど
そのまさにど真ん中で
船を設計していた人なんです。

その人が
書き残した
船の設計や分析が
書かれていて
当時の帆船の図面だけでも
50弱も載せている
貴重な本なわけです


でも…
すべて英文…

根気よく読みたいけど
とりあえず
図面だけを追いかけて

僕の造りたい船の
形に似ている図面を探すことにしました



つづく…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ruleofseas.blog59.fc2.com/tb.php/353-8f43c9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。