ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14503位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
863位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第290話 『いざない』
この
チャップマンの図面集は
本当に貴重な1冊でした

今までは
感覚頼り
設計だったけど…

昔の資料としては
珍しく
理論的
合理的
に書かれた資料でした

まずは
この50弱の図面の中から
自分が思い描いた
船型に近い
船をピックアップしてみました


例えば
理想のシアーラインを持つ
East Indiaman I
であったり


船首の曲率が理想的な
East Indiaman Konung Gustafden Tredje
であったり


船尾の形が整った
Krigsarkivet
であったり


船首正面図が細かに描写している
English East Indiaman Pjate LI
であったり

全体のバランスが優れている
Bark Plate XXI
であったり




と…
精査に精査を重ねて
船型を選びました

そして
その船をまずは
1㎜方眼トレース紙に
書き写してみます


とりあえずこの資料から
比率を出して

船型を洗い出そう
という魂胆です

トレースをしてうちに…
昔の帆船は
なんて美しい
曲線を出しているんだろう本当につくづく
感じました

そんな感動を感じられる
自分に育ってきた…
その根元はどこからくるんだろう

今思えば
やっぱり
帆船
いや
海賊への憧れが
僕をその感動へと
誘ってくれたんだと思います



つづく…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ruleofseas.blog59.fc2.com/tb.php/354-3aab7281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。