ちょっと人生楽しく

プロフィール

rule of seas

Author:rule of seas
好きなもの:海
夢:「自分の造った船で世界中を回る」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
18018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1034位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第292話 『十字軍』
教皇ウルバヌス2世の
かけ声により
眠れるヨーロッパ志士達は
今まで憂さ晴らしを
するかのように
暴れまくった

さすがの
向かうところ敵なしの
セルジューク朝も
この十字軍の
荒くれぶりには
恐怖におののき


とうとう
十字軍は
エルサレムに到着


セルジューク朝を
打ち負かしてしまいました

「今まで意地悪してて
ごめんね」

なんて…
泣き言
セルジューク朝が言うはずもなく…

「この仔羊どもめぇ~」

と息巻くのは
自明の理

今度はセルジューク朝
がエルサレム再奪還を
誓うのでした

イスラムが出てくれば
また
十字軍が召集されて
戦う

こんな戦いが
200年…

8回に渡る
十字軍が派遣されました


でも、最終的には…
エルサレムは
イスラムの手に落ち
今に至るまで
イスラムの国
となってしまうのです


単純に言えば
200年戦って
ヨーロッパが負けた
ってことだけど



様々な伝説を残し
様々な伝説を見聞きし
様々な知識を得
様々な状況を引き起こし…
ヨーロッパにとって
この200年は
決して無駄じゃないもの
でした


十字軍の戦いも
落ち着いてきた
そんな中
一つの噂が流れてきました


「おめぇら、しってるが?
東さ、はずれに
黄金ででぎた国があんだべよぉ…」

監獄から出てきた
出てきた奴らが
まことしやかに
囁くその噂

出どころは
24年間をかけて
アジア、中国を駆け巡った
マルコポーロだったのでした

つづく…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ruleofseas.blog59.fc2.com/tb.php/356-a2521fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問、ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。